FXの始め方

FXの始め方!~その2~FX会社選び、レバレッジと追証について

FX取引を開始するまでの流れ

  1. FX業者選びココ
  2. 口座開設
  3. 口座有効化
  4. MT4(プラットフォーム)をダウンロード&設定
  5. 入金
  6. 取引開始!
フクロウ先生
フクロウ先生
FX業者を選ぶ時に、国内業者と海外業者では、レバレッジ、追証、スプレッド、税金が大きく違いました。

ここでは、レバレッジ追証について解説していきます。

①レバレッジとは?少額資金で大きな資金を取引する仕組み

フクロウ先生
フクロウ先生
FXの最大の魅力は、少ない資金から始められることです!では、どうして少ない資金から利益を生み出せるのでしょうか?

フクロウ先生
フクロウ先生
それは、レバレッジがあるからです!
フクロウ先生
フクロウ先生
レバレッジを理解する上で、セットで覚えて欲しいのは、証拠金の仕組みです。FXは日本語で「外国為替証拠金取引」と言いますよね。

↑口座に入金後の画像です。

フクロウ先生
フクロウ先生
証拠金とは、FX取引に使用する金額のことで、画像のように、元手資金が50万円だとすると、証拠金も50万円になります。ですので、証拠金を使用して取引するなら、50万円までの取引が出来ます。
フクロウ先生
フクロウ先生
例えば、1ドル100円の時に、50万円証拠金があると、5000ドルまでしか買えまよね。

これがレバレッジなしの状態です。

ここにレバレッジを効かせると、証拠金の金額が変わってきます。

国内最高のレバレッジ25倍で取引した場合どうなるでしょうか?

フクロウ先生
フクロウ先生
答えは、50万円(証拠金)÷25倍(レバレッジ)で2万円。2万円の証拠金=元手資金があれば、5000ドル買えることになるんです!!

海外のレバレッジ500倍で計算すると、50万円÷500倍で1,000円。たった1,000円あれば、5000ドル買うことが出来ます!!

これが、レバレッジの仕組みになります。理解出来ましたでしょうか?

フクロウ先生
フクロウ先生
FXが少額資金から始めることが出来るのもレバレッジを効かせることによって、証拠金が少なくても取引することが出来るからなんです。

②追証とは?FXで借金は発生するの?

フクロウ先生
フクロウ先生
FXを始めると、当然負けることもあります。負けた時に、熱くなってしまい、資金が無くなり、借金になる可能性ですが、これは、選ぶ業者によります。
フクロウ先生
フクロウ先生
日本の業者は借金になる可能性があります。なぜなら追証というシステムを取っています。追証とは、口座残高がマイナスになった時にFX業者はその取引を強制的に決済させることが出来ますが、急激な暴落などでマイナスになった時に強制決済出来なかった場合、そのマイナス分をトレーダーに払ってもらう仕組みが、追証=借金になります。

海外の業者の場合は、追証なしサービスを実施している所が多くあり、マイナスの残高になったとしても口座残高を0に戻してくれるので、借金の可能性はありません。

要約リスト

※元手資金=証拠金だが、レバレッジの倍率によって、取引出来る金額は変わってくる。

※レバレッジを効かすことによって少ない資金でも、大きな資金を動かせる。

※海外業者はレバレッジが高いため、少額資金でも、十分な利益を得ることが出来る。

※資金がマイナスになった時に国内業者の場合は借金が発生する恐れがある。